ドイツで大学生。に、なるのかな。

今日は本当にひさびさーーーーーに太陽を見ました。本当にすごくいいお天気!!!もう・・・いい加減・・・お天気ネタはやめたいです。でもやめられない。このお天気の悪さ!今、また土砂降りです。はー。

さてさて。こんないいお天気の日にグッドタイミングでお友達と会う予定があり、楽しかったわ♪帰りに、そうそう下の子の下着がサイズアウトしちゃったから買わなくちゃ。と子供服売り場へ。これ買いました。
f0248903_522245.jpg

ABI。海老蔵じゃないですよ。はい。
ABIはアビと読みまして、Abitur(アビトゥア)の略語です。Abiturとは大学入学資格試験のことです。こっちで運転していると、車の後ろのガラスや、車体に”ABI○○○○(○は年号)”とかステッカーや手書き!で書いたものを付けて走ってる車をよく見かけます。
これは「私、○○○○年に大学に入れる資格をとりました!!!!」ってみんなに主張しているんです。
で、この下着は私2029年にABIとる予定です♪というなんとも趣味の悪いシャレたものなんですね〜。

ドイツは基本、ギムナジウムと呼ばれる学校(日本の小学校5年生から高校3年生までの一貫教育)に行った人しかこのABIを受ける事ができません。(例外もあります)
ギムナジウムにいけるかどうかは、小学校4年生までの成績によります。(成績が悪くても、本人や親が希望すれば行けるようになった州もありますが。でも、進学してからが難しいでしょうねー。)
ということで、ドイツでは小学校4年生で人生が決まる。と言われています!
私はずっと日本で教育を受けてきてはいるけれど、日本の教育が一番!とは思っていません。が、この記事や、これ、地元公立小学校の説明会で聞いた話し、知人から聞いた小学校の様子を知ると、この国の教育について思うところがあります・・・。子ども達をどの国で教育を受けさせるのか。考えれば考える程、正直ハゲそうです。はー。

ということで、今日はこのへんで失礼いたします・・・。

ランキングに参加しています!どちらも1日1回クリックして頂けるとうれしいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by cokomaria | 2013-05-28 06:00 | くらし