満月の晩に

暗い。暗すぎる!!!

 アウトバーンや郊外の道には基本街灯がない。
16時過ぎには太陽がさようならする今日この頃、
その時間から運転時に頼るのは 自分が運転する車のライトのみ。
そして前の車のテールランプ・・・。

 交通量の多い片側一車線の田舎道なんて、対向車のライトがまぶしすぎて、
テールランプを凝視してないとハンドルがぶれそう。
反対に、もし前後に車がいなくて、対向車もいなかったらすべてが漆黒の闇。
バックミラーを覗いても何も写らない・・・。
恐ろしすぎる。

元狩猟民族と、元農耕民族、きっと目の何かが違うんだ!!!
きっと彼らはこの暗さを暗いとは感じないんだ!!!
っとブツブツ心の中で叫びながら運転する。
もう、本当にこの季節のこの時間の運転が嫌いすぎる。

でも、昨日は満月。 月明かりってすごいんです。
満月の明るさってすごいんです!!!
この差、東京じゃ絶対わからないなーーーーー。

昔の人、新月と満月じゃ絶対気持ちの持ちようが違っただろうな〜
 新月の暗さはヤバすぎるもん。
 と、満月パワーに運転を助けられた日・・・。


f0248903_1763658.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by cokomaria | 2013-12-18 17:26 | わたしのこと