2013年 03月 03日 ( 1 )

普段は和食が基本の我が家ですが、滅多に作らないドイツ料理に挑戦しました!

習い事がある日は、帰ってすぐ食べられる料理が基本です。
そんな日に作ったのはこれ〜
f0248903_6561517.jpg

はい、いきなりクノールですみません。ドイツで定番のGulaschsuppeグーラッシュズッペです。
グーラッシュズッペはハンガリー起源のシチュー料理(Wikipediaより)です。

我が家のグーラッシュズッペはお野菜多めで。お店で食べると、こんなにゴロゴロいろんなものは入っておりません。
f0248903_6561665.jpg


クノール先生の助けを借りて、簡単にできました!でもこれだけだと味がイマイチだったので、ウスターソース&醤油で味を整え出来上がり。
f0248903_6561767.jpg


ある日は、母に教えてもらったとりもも肉のトマト煮込み。これはドイツ料理ではありませんが。
お酢とトマト缶を使って煮込むだけなのに、簡単でおいしい煮込み料理です。フランスはリヨン辺りの郷土料理とか。ストウブのお鍋を使うと一段と煮込み料理は美味しくなりますね。
f0248903_6561973.jpg


これの付け合わせにしたのは、Spätzleシュペッツレ。卵を使った麺で、南ドイツの郷土料理です。
去年だか一昨年だか、「日本にドイツパスタのお店ができたよ〜」と日本の友達に教えてもらったのですが。ドイツパスタとはこのシュペッツレ??と調べたら、そうでした。
シュペッツレがメインになりうる事に驚き。日本は本当になんでもあるなーーーと感心した記憶が。

で、そのシュペッツレ、ドイツの主婦は生地から手作りする人も多いそうですが、私はもちろん乾麺で♪(笑)
f0248903_6561857.jpg


私はめったに食べないので、適当な茹で加減(というかアルデンテ)で出したら「もうちょっと茹でた方がいいかも」と夫。上の子にいたっては、「えーーーKäse(ケーゼ=チーズ)シュペッツレ!?やだーーー。」(ケーゼではないと言ったら、安心していましたが)と、文句がでました。
さすが、毎昼食を会社のキャンティーン&幼稚園の給食で(毎食ではないでしょうが)ドイツ料理を食べているだけある発言です。
f0248903_6562071.jpg


さて、これらの食事を一番黙々ともりもりと食べていたのは下の子。
彼女、最近食欲にムラがあってどうしたものかと思っていたのですが・・・。
ええ、薄々気付いてはいたんです。
和食があまり好きではない事を!!!
というより、お醤油味が苦手のようです・・・。

好き嫌いなく、なんでも食べさせているはずなのですが。同じように食育している上の子は、嫌いなものはチーズだけなのに。
やはり、ドイツ生まれ、ドイツ育ちというのは純粋日本人の血が流れていたとしても、何かが違うのでしょうか・・・。

ランキングに参加しています!どちらもクリックして頂けるとうれしいです♪

にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by cokomaria | 2013-03-03 06:00 | いただきます!